REPORT

2018年02月05日

新たなリノベーション「春町の家」が始動!

こんにちは。

福岡市博多区でまた新たなリノベーションが始動しました。

その名も「春町の家」!!(毎度そのまんまですみません)

お施主様はご夫婦2人・小さいお子さん1人の3人家族です。

築30年の中古マンションを購入し、入居前の全面リノベーションをご希望されました。

 

すでに先週から解体工事も始まり、あっという間にほぼスケルトン状態になりました。

位置が変わらないトイレだけを残して、床・壁・天井すべて撤去。

処分しやすいように可燃物(主に木くず)と不燃物(主に断熱材)とに分けています。

これからゴミの運び出しに丸一日かかります。

これが既存の配管です。

給水管は内部にサビが発生している可能性があるのでこれも後日撤去。

普通のリノベーションなら新しい配管を引き直すだけなのですが

私達が目指すリノベーションは”見えない性能の向上”

サビや腐食に強くメンテナンスが容易な「高耐食性配管エスロペックス」に取り替え。

見えない性能も大幅に向上させちゃいます。

解体したおかげで天井もあらわになりました。

凸凹も少なくしっかり施工されたマンションだと判ります。

 

今週は配管の引き直しや新たな下地作りに取り掛かっています。

 

次回はその様子をレポートいたしますので、どうぞお楽しみに。