WORKS

2017年09月27日

警固の家
Τ邸/中央区警固/59㎡

所在地 福岡市中央区警固

建物種別(構造)

鉄骨鉄筋コンクリート

専有面積/工事面積 59.21㎡/63.21㎡
間取り(B→A) 1LDK→1LDK+2S
築年月

1982年4月

リノベーション年月

2017年9月

工事費

 都市で暮らしたい夫婦の選んだ、気張り過ぎない家

 福岡の中心地として馴染み深い大名・赤坂・薬院エリア。3つの街に囲まれた
中心に在る警固。此上無い立地に佇む、あらゆる場所へのアクセスに恵まれた
築35年のマンションです。
 T様ご夫婦は普段から、賃貸よりも資産として住宅を購入して運用したいと
考えていました。しかし昨今、福岡の不動産市場の動きは非常に活発になって
います。この物件に決めた!と不動産購入申込みをしても、既に先着の申込み
が入っていて、先着順となってしまうケースがとても多いのが現状です。
T様はなんと6件も2番手の申込みを経験し、やっと7度目で購入が叶いました。
不動産価値の高い、リノベーションに適した物件を根気強くご案内させて頂き、
やっと購入出来たとのお話を聞けた時は、私事のように喜ばしく感じました。
 ご夫婦はインテリアや雑貨の趣味もあり、内装仕上りのイメージも最初から
定めていました。『節目オークの無垢材のフローリング』『英国の伝統ある
製法で製造された壁面塗料
』『無垢材がふんだんに扉に施されたキッチン
これらを限られた予算内で実現する為には、中古マンション+リノベーション
というアプローチが最も的確でした。
 さらにはいずれ子供が生まれ、手狭になったら広い家へ移り住む。その時に
すぐに販売できたり、賃貸として貸す。そんなある種ドライな考え方すらも、
この立地であれば内包して余りありました。
 また、中古物件として購入時の室内はリフォームされて日が浅い物件でした。
ですが断熱材の不足していた壁面や、都心部特有の周辺騒音。家具レイアウトが
難しい間取りなど、施主さまにとって解決すべきお悩みも多い物件でした。
 そんなお悩みを解決するために、積水化学工業グループとしての私どもの力を
添えさせて頂きました。『断熱・遮音・水環境』の性能をしっかりと内に据え、
快適に過ごせる住まいへと生まれ変わりました。中心地で喧騒の多いエリアにも
関わらず、遮音効果で静謐な住まいになった事はご夫婦も大変喜ばれています。
心配だった配管老朽化での階下へ漏水の心配は、セキスイが長年向き合ってきた
』へ思いを詰めた『ヘッダー工法』で全配管を堅牢に刷新し対策しました。

 対面型とし、扉を設けたキッチン。回遊動線となったことで家事が楽になり
ました。LDKは17畳の大空間に生まれ変わりましたが、パーティションで
区切ることで書斎兼ゲストルームとしての機能を持たせることもできます。
寝室は寝床をロフトとし、下段を収納空間としました。限られた床面積で、
荷物の多いご夫婦へ収納力を捻出するためには、3次元的に空間を設計し解決
する必要がありました。

 ご夫婦の要望を解決し、持ち寄ったイメージを実現できた『警固の家』は
物件探索に始まり、資金計画、資産価値やセキスイリノベの快適性、デザイン、
間取りの変更までを総合的にご提案差し上げました。『警固の家』はカフェの
ような素敵な内装
を持ちながら、資産価値の高まる品質で改修できました。
 お施主様それぞれ異なるお悩みやイメージを持ち寄られる家造り。それに対し
多角的に取組み、満足いただけるマンションリノベーションを実現いたします。

 

 

BEFORE→SKELETON→AFTER

BEFORE

AFTER

▼このリノベーション事例に興味のある方には、こちらの施工事例もオススメです